Home > 1月 20th, 2008

県立佐野中学・県立宇都宮東中学の入学者抽選方法

積年の課題として議論されてきた県立佐野中学が今年2008年4月にスタートします(宇都宮東は昨年から)。
私も県議会議員として携わったひとりとしてこれらの県立中学校には大いに期待するものがあります。

本日その二つの県立中学校の入学者の抽選会が行われました。
そこで一連の県立中学校生徒募集の方法の要点について、整理してみました(日時は19年度で記載)。

[ 出願 ]
●通学区域:県内全域
●出願期間:平成19年12月3日(月)~同月6日(木)までの4日間、出願書類は6日の消印まで有効。
●出願書類についての特記事項
 ア、入学考査料:2,200円分の栃木県収入証紙(足利銀行で扱っている)を所定の位置に貼る。
 イ、学習や生活の記録:これは入学志願者が通う学校の校長が、小学校児童指導要録に基づく小学校5年、6年の学習や生活の状況を、10月末現在で記録するもの(その記録の入った封筒は開封してはならない)
 ウ、書類は10月1日から当該中学や県教育委員会で配付
●受験票の交付
 出願書類を受理した後、入学志願資格を審査し、資格があると認めた場合には、12月末までに郵送(速達簡易書留)により交付

[ 試験日 ]
 平成20年1月13日(日)
●会場
 それぞれ学校及び近在の計3箇所
●日程
 09:00                   集合
  09:00~09:40        適性検査・作文の会場への移動、オリエンテーション
  10:00~10:45        適正検査
  11:05~11:50        作文
  11:50~12:00        面接のオリエンテーション
  12:00~12:40        昼食
  12:40~                面接
●入学候補者選定結果の通知
平成20年1月17日(木)に速達簡易書留郵便にて発送される。

(さらに…)

朝そうじ

??Ƭ±éÀâ
今日の掃除に学ぶ会は、厳寒の早朝5時にもかかわらず、13名も参加されました。
皆さん、ただ単に自分の心を磨くために集まっているだけなのですが、こうした方々と接すると自然と力がみなぎってきます。
この無意味な行為に意味がある、掃除に学ぶ会の奥の深さ。
私個人としてはこの時期のこうした取り組みは、学生時代の冬山登山を思い起こします。
山登りも、ある面無意味な行為なのですが、それが実は大いに意味があると言う点で共通したところがあるのです。
みなさんお疲れ様でした。。。