Home > 11月 5th, 2007

要するに小沢氏は高く売りつけているのだ。

案の定、民主党の役員会で小沢一郎氏に慰留するよう説得すると決めたようです。
菅副代表も鳩山幹事長もシナリオ通りにうまく役者を演じているように見えます。
このままいけば、今週中には小沢氏代表慰留承諾ということになるでしょう。
要するに、今回の目的は自力の弱い民主党に対するショック療法という意味合いと党内の反小沢勢力の非力化そして小沢氏への求心力の増大にあるわけです。
小沢氏は自分を高く売りつけているのです。
そして歯車は着実にその方向へ動き始めました。
若手の中には小沢氏が「民主党は力不足」と表現したことに反発している向きもあるようですが、本当のことを言われて怒る話ではありません。謙虚に内省すべきなのです。
そういう人は、昨日も記しましたが、絶対碁打ちにはなれません。
そしてこの余勢をかって小沢氏は一気に解散に追い込むつもりでしょう。
今後、解散風がどう吹いてくるか注目していきたいと思います。

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある:2007年11月5日街頭演説

mamyu
今日も小沢辞任表明騒動の余波が続いています。
私は、基本的に小沢氏と政治行動を共にしたいと思いませんが、小沢氏の腕力と欲の無さは見習うものがあると思っています。
また、先の参議院選挙の勝利はフロックだという彼の見立ても間違ってないと思います。
それはそれとして、政界の状況は与党の敵失が続き、いざ次の衆議院選挙で政権交代という段階ですから、多少のことがあっても我慢してまとめて行くのが常識的な発想です。
ただ、民主党は致命的な欠陥を抱えたまま仮に政権を獲ったとしても、その欠陥ゆえに遅からず自壊することが彼には見えているのだと思います。
その欠陥とは、ひとつには安全保障でしょう。
政党として、そこをはっきりさせない限り民主党はダメだと、だからそれを整理するいい機会が訪れたと判断したのではないでしょうか。
福田総理が、民主党としてまとまりやすい国連至上主義の自衛隊派遣恒久法の制定にも合意したことですし。
しかし民主党内の役員会でさえまとめられない。
裏を返せば、民主党は今のままで政策的な課題も棚上げにし、日常活動も不十分なまま次の衆議院選挙に勝てるつもりでいるという絶望感。。。
それで、「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある」と思ったかどうかは知りませんが、自分を投げ出して民主党の結束を促し、結局自分にボールがまた戻ってくるように仕向けたという深謀遠慮ではないかと私は受け止めております。
いずれにしろ、一度どこかで民主党はこの問題について揉まなければならなかったはずですから、これをチャンスに国民の負託に応え得る政党に脱皮していただきたいものです。