Home > 11月, 2007

時代の流れ:2007年11月26日街頭演説

mamyu
政治とは何ですか?と聞かれ、「歴史を作る仕事です」と応えた人がいます。
私もそう思います。
だからこそ、政治に少しでも携わるものは特に時代の流れに敏感になっていないといけないのです。
では政治に求められている今の時代の流れとは何でしょうか?
防衛省の次官の問題のように自分だけ甘い汁を吸うという未だに蔓延しているろくでもない既得権益の構図を断ち切り、将来にツケを回さない日本のためにも地域のためにもなる構造改革を成し遂げていくことだと思います。
もちろん多くの若い政治家はそういう趣旨で訴えています。
しかし、なのです。
こういうことを語った人がいます。
「政治家の本質を見るならば、票にならないことをどこまで本気でしているかでわかる」
その意味では、私も最近思い当たるところがありました。
票には全くならないけれども国民にとってはとても大事な問題を複数の若い国政関係者に示してみたところ、マスコミなどでは正論を語っている彼らの誰一人として関心を示しませんでした。
結局話をしていて、それは自分の票にならないことだからという本音が私には透けて見えた気がします。
その時、ちょっとこれからの日本の国は厳しいなと感じざるを得ませんでした。
絢爛豪華な大徳川展をみればわかりますが、戦国時代の当時はゼロサムの世界なわけで、まさに自分らだけ、自分らの一族だけの世界でした。
明治維新の時代でも、同様に私腹を肥やす政治家がいました。
そして現代でも、人間の本質は一向に変わらないと思わされる事件が頻発しております。
いつの時代でも人間の性は同じことを繰り返しています。
しかし”時代の流れ”としてこれからも繰り返し続けていいのでしょうか。
今日の日経新聞に、住田裕子弁護士が性悪説にたった政治の制度作りをと提言されていて大変興味深いものがありました。
「国会議員はひとつの地盤には6年」
「党による転勤制度を」
「世襲による地盤引継ぎは禁止」
「政治家はIQではなくEQ」
「経済界、政界、官界、学会の垣根を越えた人材流動化を進めるべき」
「いま政治家を目指すのは準一流が多い」
「政党は人材選択眼を磨け」
「資質に問題のある政治家を政界から排除するシステム」
などなどいい所を突いています。
要するにこれからの時代、どうしたら自分の損得勘定を抜きに身を捨てることができる政治家が現れるか、そしてそうした政治家が現れやすい環境をいかに整えていくかということです。
それはもちろん有権者の方との共同作業で整えていくしかありません。
自治会長に頼まれたからとか、宴会に毎回参加しているからとか、自分らのスポーツチームの冠になってくれているからなんて理由で政治家を支持するのではなく、構造改革をし世界に冠たる人材の育成をしていかなければ、世界との競争に遅れをとってしまいかねないという時代認識を持ち、この”時代の流れ”をさらに後押しして、次の世代に誇れる”日本の歴史”にしていくために、ともに汗を流して行きたいものです。

今日の渡良瀬川(2007年11月26日)

今日の渡良瀬川(2007年11月26日)
河川敷には一面霜が降りています。秋があっという間に通り過ぎていきました。

大徳川展

mamyu
徳川家の至宝が展示されているということなので、仕事で東京に行くついでに上野に行ってきました。
戦国の覇者家康の一端が垣間見れた気がします。
生きるか死ぬかの虚々実々の駆け引きの時代から比べれば、幸せな時代です。

東京が見えた。

mamyu
今日は家族で織姫山を散策。空気が澄んでいるので東京が見えます。ホワイトパレスの前から中橋の左岸の方向をそのまま真っすぐ伸ばした先にかすかに東京のビル群が見えます。いや正確に確認してませんので、らしきものが見えますに訂正します(笑)うーん、ほんとに小さい頃から通い慣れた気持ちいい場所です。

オープンとインフォームドコンセント:2007年11月19日街頭演説

mamyu
先週、防衛省の事件について参議院で証人喚問が行われた。
私は、10月30日のブログで、守屋元次官の後ろ盾には政治家がいるはずだということを指摘したが、案の定であった。
直属の上司である大臣に楯突いて首相に直談判に行ったり、小泉首相の米国訪問に首相と相席で政府専用機に乗ったりする芸も尋常ではないが、もっと強く指摘しなければならないのは、国を守らなければならない防衛省のトップが、国を売っていたのではないかという点だ。
その中身は報道されている通り(随意契約やグアムの米軍住宅の問題)だが、それが事実だとすればここまできているのかと愕然とする。
しかもそこには政治家の介在の臭いがする。
官僚は小さな枠の中での自分の出世のために政治家をも利用してのし上がる。
政治家は、官僚の力を借りてしがらみのある業界の利益のために奔走する。
何のために公の仕事をしているのかという自覚がどこかの段階でなくなってしまっているのではないだろうか。要するに、自分さえよければいい今さえよければいいという発想があまりにも強すぎるのだ。
そういえば最近では、防衛省に関しては情報漏えい問題や防衛施設庁の不祥事もあった。
もちろん、人間に完璧は求められない(かくいう私も全くの不明な人間だ)。
求められないからこそ、やはり政治と行政には国・地方問わずもっと明確なルールを作る必要があると思う。
そのキーワードが、オープンとインフォームドコンセントではないだろうか。
オープンとは、どこかの政党が選挙の際に使っていたが、常に開かれていることが大事という意味。
今回の防衛省のように、予め一社に絞って随意契約をするなんていう話がでること自体オープンではなくクローズドなのだ。
インフォームドコンセントとは、元々は医療用語であったが、和訳すると「十分に知らされた上での同意」となる。
例えば、足利市のゴミ袋有料化の問題。
この件については事前に市民に「十分に知らされた」形跡はない。その段階で、議会で「同意」されてしまった。その後は「決まったから」という話で市民に周知されているあり様。これではインフォームドコンセントが機能しているとはいえない。
いたずらに市民の負担を増やすこうした施策を、昔の手法でやることはもう古いということに早く気付いてほしいものだ。

今日の渡良瀬川(2007年11月19日)

今日の渡良瀬川(2007年11月19日)
冬の空ですね。恵比須講の時期はさすがに寒さを感じます。

毎度あり!

mamyu
続いて今日は育成会の廃品回収です。古紙は高値で引き取られてますので育成会としてはいい収入になりました。毎度あり!

夜明け前から

mamyu
夜明け前からコンロ持ち込みで、ぬるま湯を作って掃除に学ぶ会で駅前のトイレ掃除です。物好きといえば物好きですが、これからの4ヶ月が大いに学べるのです。

新宿から鬼怒川温泉

mamyu
知ってはいましたがこうして新宿から鬼怒川温泉行きの案内をじかに見てしまいますと、早く新宿発赤城行きの東武線の電車(りょうもう号)を両毛地区の力を合わせて実現したいものだと心底思います。

衆議院選挙はそう遠くない気がします:2007年11月12日街頭演説

mamyu
ここ最近の民主党の一連の騒動を受けて、「衆議院選挙は遠のいた」という評論家や町村官房長官のように願望として「解散をしている暇はない。サミット以降だ」というコメントをしている政治家もおりますが、私は衆議院選挙は以下の2つの理由により、そう遠くないのではないかと感じております。
1、福田首相が衆議院での三分の二の以上の議席を活用した再議決に積極的でない。
「福田首相の性格かもしれませんが、参議院で否決されたものを衆議院で再議決するということに関してはあまり積極的ではありません。
民主党との協議をよくしてと言っていますが、大連立構想が葬り去れた今、法案を通すためには、三分の二の威力に頼らざるを得ない情勢であることは誰の目にも明らか。
仮に次の衆議院選挙で与党が勝利を収めても三分の二は獲れないのですら、ちゃんと国民に説明すれば国民の支持は失われないと腹をくくり、大事な法案は三分の二で行くと決断し、リーダーシップを発揮すべきではないでしょうか」
2、小沢民主党は、選択肢が対決姿勢しかなくなったので、その傾向をさらに強めていくことが予想される。
「先日の経緯を踏まえれば、民主党の進むべき道は衆議院解散に追い込むことしかないので、そういう立ち居振る舞いになります。小沢さん自身、”大連立はない”と態度で示すしかありませんから、激しくいくでしょう」
その衆議院選挙の際に大事なのは、政党の根幹をなす政策です。
今の国政はそこが一番懸念されます。
両方の政党とも、既得権益に擦り寄った国民負担増大路線になる懸念があるからです。
例えば、自民党の谷垣政調会長はあからさまな増税論者ですし、一方の民主党のマニフェストでもポピュリズム的なバラマキ政策が数多くあります。
安易な国民負担の増大は、国のためにはなりません。
もちろんどちらの政党にも、子供にツケを回さない・改革路線を打ち出す政治家はおられますから、是非選挙を前にしてその根幹となる政策をトータルで見直していただきたいものです。

Next »

1 / 212