Home > 9月 12th, 2007

細川退陣を思い出した

なんだがとても空しい。
午後5時過ぎに出先から帰って、パソコンを開いたらYahoo!のニュースに「安倍首相辞任」と出ていた。
まさか。。。さすがに”辞任か”の間違いだろうとクリックして記事を見ると、なんと本当に退陣するではないか。
安倍総理はi一昨日の臨時国会で所信表明をしたばかり、
しかもインド洋での自衛隊による給油活動に関する法律の延長ができなければ、
辞めるという”重大な決意”も語っていたはずだ。
それを手のひらを返したように辞任表明とは!
何をふざけているのか!
そういう意味で、佐川急便事件が明るみに出てさっさとケツをまくって辞めてしまった細川元首相とそっくりだ。
あのツケも大きかったが、今回のも後を引きそうだ。
退陣にあたり、民主党の小沢代表が党首討論に応じてくれなかったのがひとつの理由だなんて情けないことも言うもんではない。
そういう意味で、すでに思考が停止しているのかもしれない。
衆議院は3分の2持っているのだから、憲法の規定どおり再可決もできたはずだし、倒れるならばそういう戦をして前向きに倒れるべきなのだ。堂々としたらいいんだ、政治家というもののふとして。
う~ん、なんだか本当に空しい。
次は突破力のある人が出てくることを期待したい!

誰も言わないなら私が言おう(4)

mamyu
大通りの壊れたからくり時計は撤去すべきではないか。
汚すぎ。
行政もわかっているはずなのだが。。。