Home > 1月 14th, 2007

なんのために北朝鮮にいったのか

山崎拓というのはおかしな政治家だ。
今回の北朝鮮訪問は、そういうかねてからの私の疑念が確信になった。
一体この人何のために行ったのか?
多くの方がそう感じたに違いない。
しかも政界筋で交わされている話として、今回の訪朝の間を取り持った人間がまともな筋ではない。
そういう輩を信用して、のこのこと訪朝してしまう山拓の軽さ!
案の定、何の手土産もない。
それが最初からわかっていたから官邸は「迷惑な話。関係ない」と言下に否定していたのだ。
ややこしいのは、こういう奇妙な国会議員と小泉純一郎という稀代の名政治家とが、YKKなどといって共に活動しているところだ。
それが人間社会の縮図である政治のおもしろいところかもしれないが。。。