Home > 12月 11th, 2006

今年のまとめ1:2006年12月11日街頭演説



交通安全県民総ぐるみ運動の皆さんと鉢合わせ。ご苦労様です。

今日は、足利の減少続ける人口問題を取り上げ、私なりの解決策を申し上げました。

要するに、人が集まらなければ、お金が回らない。お金が回らなければ、街は衰退する。そして人が去っていく、ということです。
足利で言えば、この15年で、約1万人減っているのです。
ひとり当たり年間50万円市内で消費すると仮定すると、なんと年間50億円が、消えているということになります。

だからこそ、企業誘致なのです。
特に、重厚長大な産業ではなく、ITなど知的集約型の産業の。
私は、そのための日本一の営業マンになりますと市長選でも申し上げましたが、今でもその思いは変わりません。

また、土地の権利分散を集約させた市街地活性化も大事です。
中心部の惨憺たるありさまを見て、手をこまねいていては期を逸します。
今、国は中心市街地の活性化のために具体的な方針を打ち出しました。
人口減少時代に、無用な農地開発はさせないという方針です。
視線は、地方都市の中心市街地に向かっているのです。
あたりまえですが。
そこで、足利が率先した取り組みができれば、少なくとも今のような状態は改善できるでしょう。
もちろん、地権者の方の協力が不可欠ですが、県内随一の人口減少数を誇る足利市こそやるべきでしょう。

などなど他にもありますが、そうしたことと、薬科大学誘致や音楽ホールや無用な農地開発とどちらがいいのか、、、判断されるのはもちろん有権者の方です。