Home > 7月 10th, 2006

ジダンのラストダンスがヘッドバットとは!

イタリア優勝おめでとうございます。
同じ青のユニフォームでも、
いつかは東洋のサムライブルーが今年のワールドベースボールクラシックの様に世界を獲ることができる日を夢見ています。

さて、
ゲームはほとんどフランスが支配していました。
フランスに攻めさせるのがイタリアの戦略とはいえ、フランスに勝つチャンスが多かったのも事実です。

それにしても、延長後半のジダンです。
試合がこう着状態のままいきなりイタリアの23番に、ヘッドバットで退場。
何か言われたのでしょう。試合中ですから、お互いにカッカきていたのかもしれません。

とにもかくにもこの決勝戦は、世界中がまさに「ジダンのラストダンスがどう踊られるのか」ということに多くの人が注目していました。

その答えがなんとヘッドバットだったとは・・・・。
かつて、ワールドカップではベッカムが相手への報復行為でけり返してしまい一発退場がありました。今大会では、
同じイングランドのルーニーが相手を突き飛ばして一発退場でしたね。
同じ退場でも、このジダンの行為は「こいつふざけるな!」という堂々たる確信的行為であったという点で大きく趣が違うように思えます。

おそらく、今ジダンはロッカールームで、ものすごく後悔しているはず。
試合も負けてしまって、チームメートやファンにどう謝ろうか、言葉も見つからないのでは。

でも私はそのジダンがなんとも人間的で愛くるしく見えます。
ラストダンスは、ジダンが神ではなく人間であることをはからずも証明するものとなりましたが、
それは人間誰でも常に両面を持ち合わせて完璧ではないということと、同義なのだと思います。
彼がもし稀代の道化師であれば、最高の俳優になったかもしれないですが。

私はこの一瞬でジダンのファンになりました。