Home > 5月, 2006

サントリー時代

サントリー時代

サントリー時代。社会人としてのイロハをはじめ多くの事を教えていただきました。

小泉総理付き記者の講演

長年小泉総理付きの記者をしている方の講演を聞きました。人間としての小泉さんは変人と呼ばれるようなところは全くなく、ごく普通の人と同じ視線の人で、それが逆に永田町では奇異に思われるのではないかとのこと。総理としては郵政をはじめ利権にメスを入れ政治の構造改革を行ったという功績は大きい。そしてカネ、選挙、人事というかつては派閥が牛耳ってきた権能が小泉さんの登場でほとんど機能しなくなってしまったことも特筆できる。事実、先週の出身派閥でもある森派の総会で森氏は、自分が派内を一生懸命まとめようとしているのに誰もわかってくれない。もう勝手にしてくれなどとグチッたり泣き言を言ったりした後、山本参議院議員を名指しで二十分近く安倍、安倍と騒ぐ君が悪い、レッドカードだなどと罵ったそうです。記者いわく、派閥会長が絶大な力を持っていた派閥政治が終わったことを実感した一瞬だったそうです。。。随分小泉さんよりの記者ですがなかなか面白い講演でした。とにもかくにも国は動き始めましたね。次は地方!の番です。

OSMC勉強会


OSMCのIT勉強会に参加しました。時代に乗り遅れない情報収集法ということで、ブログなどの口コミツールをいかにうまく取り込むかということについて学びました。RSSを制する者は情報を制するだそうです。政治にも使えそうです。

子供にツケを回さない:平成18年5月15日街頭演説


街頭で演説を始める頃、多くの高校生が自転車で通りかかります。この生徒達が大人になって一体何人足利に残っているだろうか。彼らに余計な負担を残さずにバトンを渡すことができるだろうか。そんなことを考えるとつい演説に力が入ります。

大塚君結婚おめでとう


和田明子扮して奮闘する大竹君ごくろうさまです。

切れない子供を作るために

先日、NHKの番組で切れない子供を作るためにどうすればいいかをテーマにした番組が放映され、その中で、宇都宮の幼稚園の取り組みが取り上げられていました。じゃれあうのがいいそうですね。しかも30分。それでスパッと止めて切り替えるんだそうです。これにより情操が豊かになり、切れることが無くなるとのこと。なかなか興味深い報告です。

織姫から天狗山へのハイキング:平成18年5月8日街頭演説


今日はマイクの故障で地声で話すことに。先週の織姫から天狗山へのハイキングを例に取り上げ、足利の交流人口の増加策について取り上げました。

ハイキング

今日は、子供をつれて久しぶりに織姫ハイキングです。
休憩中のひとこま。早速アップします。




この通7丁目の切通しにつり橋を架けて、足利公園まで行ければ、
織姫山→両崖山→天狗山→観音山→足利公園という約4時間の
ハイキングコースができあがります。
今の季節や秋の紅葉シーズンに多くの方の往来が期待できます。
ぜひ実現させたいものです。
皆さんも是非散歩がてらにお越しください。

競馬場う跡地問題:平成18年5月1日街頭演説

先週、足利で真剣にまちおこしをしている方から、お手紙をいただきました。
「毎週月曜日、2丁目の角で演説をやっていると聞きました。その姿勢が市民に浸透していると友人が話していました。大いに結構です。
がんばってください・・・」というような趣旨でしたが、勇気付けられます。

最近、おかげさまで、
市がまじめに話している足利日赤の移転や薬科大学の誘致といった話がいかに空想めいた現実離れしていることか気づく人が多くなってきました。

ある議員も、薬科大学は無理だが、日赤誘致は仕方ないなんていっているようですが、
どうも市民との意識が大きくかけ離れてきたのではないでしょうか。

日赤は、前の院長の時代にさくら病棟を建てた時点で、移転はありえないのです。そもそも日赤の抱える大きな問題は駐車場問題なのです。
であるならば、役所と日赤の間を区画整理してその用地を生み出せばいいだけの話です。

朝そうじ


一週間前に取った雑草がもうこれだけ生えてます。このたくましこと!

« Previous

2 / 212