Home > その他

市場まつり

2009110801.jpg
今年で第7回を数える市場まつりが公設卸売り市場で盛大に開催された。
明け方5時50分頃に到着したときには、すでに黒山の人だかり。
みなさんわかっていらっしゃる(^^)
写真は、佐賀県多久市の農協のみなさんと。
孔子廟つながりのご縁から取引が始まったとの事で、公設市場においしいみかんを提供していただいている( _ _ )
評判の足利汁で体を温めて、まぐろの解体ショー、模擬せりと盛りだくさんのイベントも堪能させていただいた(^^)

そば祭りと親子囲碁教室と新成人との懇談

今日はそば祭りと親子囲碁大会と新成人との懇談をタイトにはしご。
2009110701.jpg
とうこうコミュニティセンターで開催される足利そば祭りは今年で第5回目。ご覧の通りの盛り上がりで、しっかりと定着してきた感じがある。
それにしても足利のそばは本当においしい。
自信を持ってお勧めできる足利の逸品だ。
2009110702.jpg
続いて、親子囲碁教室で織姫公民館へ。
講師には囲碁愛好家の間で大人気の女流棋聖梅沢由香里さんが来足とあって、会場も満員御礼。
こうした企画を続けていけば、いずれ足利市からもプロ棋士が誕生する日が来るかもしれない。
私も梅沢さんと早碁で一局お手合わせさせていただいたが、5目置いて4目差で完敗。
ありがとうございました(^^)
2009110703.jpg
続いて新成人との懇談会。
8人の新成人と、足利市のことについて語り合った。
○足利市に定住したい。
○足利市で職を見つけたい。
○観光施策
○環境施策
○交通インフラの整備
○B級グルメ
などなど、彼らの問題意識や提案は、私の考えと通じるものがある。
やはりしがらみがないからだろう。
いずれにしろこれからの時代は、彼らが社会を支えることになるわけだから、彼らの声をもっと政治に反映させていかなければ、と思う。
この懇談の詳細は、来年の1月1日号のあしかがみに掲載予定。

世界柔道ジュニア選手権優勝

足利市在住で足利白鴎高校2年蓬田智佳さんが世界柔道ジュニア選手権2009フランス大会で優勝した。
今日は父親でもある柔道部長と校長先生と3人でその報告に市長室に来られた。
あどけなさも残しながら格闘家の雰囲気も漂わせている、なにかとても頼もしい感じだ。
今後は、ロンドンオリンピックの48kg級の日本代表を目指してがんばるとのこと。
そういえば、マラソンの原裕美子さんもロンドンを目指していると言っていた。
夢に向かって取り組む姿はとても美しい。
2人とも足利の期待の星だ。
是非がんばってほしい!

幕末の刀を寄贈

2009103001.jpg
足利鉄鋼団地組合元理事長の小林英二郎さんが、足利学校で幕末期の刀工源景國(みなもとのかげくに)が作ったとされる県指定文化財の刀など三振りを寄贈してくださった。
由緒ある貴重な刀ですので、大切に保管し時期をみて一般公開させていただきます。
小林英二郎さん、ありがとうございます。

ラグビートップリーグ

20090920.jpg
本日は、総合運動場でラグビートップリーグ三洋電機対ホンダの試合が行われた。
元オールブラックス、トニーブラウンの活躍もあって、三洋が大勝。
彼のプレーはあいかわらずスマートだ。
かつて日本のラグビー界に松尾雄治というスタンドオフがいたが、しなやかなパフォーマンスが似ている気がする。
2019年には、日本でラグビーのワールドカップが開催されることになったし、2016年のオリンピックでは7人制ラグビーが正式種目として採用される。
否が応でもこれから日本でのラグビー熱は上がっていくのではないだろうか。
地元開催となるワールドカップでは世界を驚かせるべく、今から人材育成に力を入れてほしい。
ともあれ、こうして日本最高峰のラグビーが足利で見れることに感謝だ。

これはすごい、小俣町石尊山梵天祭!

小俣町の石尊山(標高486m)で毎年8月14日に行われる梵天祭り。杉の木を頂まで担ぎあげるので有名な祭りだ。
今回、地元の方からお招きをいただき初めて参加してきたが、とにかくすごい祭りだった。
なんと集合は、午前3時半。
そのためには午前3時には起きなければならない。
通常、午前3時まで起きているということはあるが、午前3時に起きるということはあまりない。
それでもその集合時刻頃に登山道の登り口に行くと、すでに200人以上の方が集まっている!
2009081401.jpg
2009081402.jpg
長さが17mある杉の木を石尊山の頂上までみんなで担ぎあげる作業を甘く見てはいけない。
特に私のような日頃運動不足なものには。。。
案の定、途中で担ぎ手を交替していただくはめに(^^)
聞くところによると、300年以上も続く地元の伝統行事で、最盛期は杉の木を10本も担ぎ上げたとのこと。
今は1本だけになっているが、地元を中心にした参加者の心意気はすごいものがある。
1時間半ほどで頂上に到着後は、その杉の木を立てる作業が行われた。
2009081403.jpg
ご覧のとおり、梵天の剣と幣串を刺して天高く掲げるとこのようになる。
2009081404.jpg
鶏足寺の副住職さんに拝んで頂き、無事終了。
2009081405.jpg
その串を抜き取るために、木によじ登っていくつわものが何人も。
そして見事成功すると大歓声が!
2009081406.jpg
2009081400.jpg
皆さんお疲れ様でした!

足利の花火2009

20090801.jpg
今年も足利の花火は元気です。
なんと43万人もの方がお越し下さいました!
開始時点での雨が余計でしたが、最後には月まで出て、ご覧のとおりのナイアガラでフィナーレ。
すばらしい花火をありがとうございます。

菅家さん、お帰りなさい

午後2時、菅家さんが市長室にお越しになった。
私は「足利市を代表して心から歓迎します」と申し上げた。
そして、市として市営住宅のあっせんと来年の4月よりスクールバスの運転手としての仕事等の用意があることもお伝えした。
菅家さんはとても喜んでくださった。本当に気持ちがこもっていた。
何かこちらまで目頭が熱くなった。
これからこの足利の地で心穏やかに過ごしていただけるよう市としてできるだけのサポートをしていきたい。
そして、菅家さんを最初から支えてくださった西巻糸子さん。
あなたの地道な活動が菅家さんを救いました。
時代の空気に流されない真実を見極める能力、そして10数年に渡り菅家さんを励まし続けた粘り強い努力。
とても真似できるものではありません。
佐藤弁護士も語っていましたが、”あなたは足利市の良心”です。
ありがとうございます。
それにしてもその佐藤弁護士はよくしゃべる人だ(^^)
それは足利事件とは関係ないだろうということまで(_ _)
弁護士とはこうでなくてはならないものかもしれないが、やはりこの方の貢献も特筆すべきものがある。
菅家さん、いつでもお待ちしています!

足利事件菅家さん釈放

いわゆる足利事件で無期懲役判決を受けた菅家さんが申し立てた再審請求の即時抗告審で実施されたDNA再鑑定で、菅家さんとは別のDNA型が検出されたことを受け、東京高検が刑の執行を停止した。
要するに菅家さんは犯人ではなかったということだ。
無実の人が汚名を着せられたまま17年半も刑務所に押し込められていたという事実はあまりにも重い。
確か96年か97年ごろだったと思うが、「菅家さんは無実です。これは冤罪です」というビラを作って配っている方がいた。
その方の名前は今も覚えている。
恥ずかしながら、当時は、何を言っているんだ?という感じでしか受け取れなかったし、時代の空気もそうだった。
しかし、である。
その方は、菅家さんの無実を晴らすためにあきらめずに運動を続けていたのだ。
おそらくそうしたサポートが菅家さんの背中を押し続け、今日の結果を導き出したのだろうということは想像に難くない。
近いうちに、菅家さんは足利に来られることと思う。
私は足利市を代表して心からお迎えしたい。
そして、陰で支えて来られた方々にも心から敬意を表したい。
お待ちしています!

祝WBC日本V2!

20090324.jpg
またやってくれました(^ ^)
侍JAPAN!
勇気をもらいました。
ありがとう!

« Previous | Next »

2 / 1412345...10...Last »