選択の自由が幅広く保障されている社会、がんばった人が報われる社会、子供にツケを回さない社会、そして利他の精神を尊べる社会を目指して、大豆生田実は行動しています。

あれから5年。あの教訓を活かすなら、中橋架け替えです。

●2011年3月11日午後2時46分

 

あの時は、市役所で市議会全員の最中でした。

 

その後の対応は以下の通りで、今読み返しても胸が締め付けられる思いにかられます。
http://www.j-beans.jp/wp-content/uploads/2011/03/11.03.11tweet.pdf

 

ここ連日、東北の被災地の復興状況が取り上げられており、今日も陸前高田市では市街地を12メートル以上もかさ上げをしているニュースが流れていました。

 

着実に一歩づつ道筋がつき始めているようで、何よりです(_ _)

 

それにしましても、天災そのものをなくすことができないわけですから、それに対してどのような対策を講じるか、これが政治に関わる者の大きな責任だということを痛感します。

 

●中橋架け替え問題

 

そこで、足利に目を転じてみれば、自然災害で最も懸念されるのは、渡良瀬川上流域の集中豪雨による中橋たもとの決壊です。

 

この件は、私が20年前に政治を志した時点からずっと問題意識を持ち続けてきました。

 

そして、東日本大震災を目の当たりにするにつれ、本格的に動き出さなければならないというう危機感をもち、地元説明会や地域住民のコンセンサスを得る努力をしつつ、取り組みを進めてきました。

 

http://www.j-beans.jp/?page_id=4603
http://www.j-beans.jp/?page_id=4267
 

中橋

中橋

中橋水防訓練2012052701

中橋水防訓練2012052701

 

しかしながら、です。

 

私の力不足故の2013年の落選を機に、残念ながら、中橋架け替え問題は止まってしまったかのように見えます。

 

●陸閘(りくこう)は非現実的です。

 

最近は、具体的な架け替えのための前向きな話し合いではなく、中橋の取り付け部にゲートをつくって増水時にはそれでふさいで堤防の役割を担わせようとする陸閘を設置する可能性が検討されているとのことで、これには心底驚かされました。

 

明らかに現実的でないことを議論しているとしか思えません。

 

これは要するに問題先延ばしのための、アリバイづくりではないでしょうか。

 

過去には、画像のように内陸部でも陸閘ありましたが、現在はそのようなものは一級河川では日本全国どこにもありません。

岡山市百間川

岡山市百間川

 

●中橋を架け替えると中心市街地の活性化が損なわれる?

 

この件について、これまで市民の方と議論をした際に、

 

「中橋を架け替えると中心市街地の活性化が損なわれる」

という意味で反対を表明する方もいました。

 

確かに、中橋が今の堤防レベルにかさ上げされれば、交差点や踏切が立体交差になってしまいかえって不便をきたすところもあります。

 

従いまして、それに関しては、そのためのアプローチ道路を工夫して用意しなければならないと思います。

 

しかしながら、それと中心市街地の活性化の問題は全く別問題です。

 

なぜなら、架け替え云々関係なく、既に中心市街地は厳しくなっているからです。

 

また、

「中橋のあのデザインがなくなるのはさみしい」

という反対意見もありました。

 

それは同感ですが、そのデザインを活かして新しいものを作り上げればいいのではないでしょうか。

 

●必要なのは政治家のやる気

 

では、どうして架け替えが進まないのでしょうか。

 

それは政治家にやる気がないからです。

 

やる気があれば、できるのです。

 

なぜなら、どのように橋を架け替えればいいか、内部的な検討は済んでいるのですから。

 

70年間洪水が起こらなかったのだから大丈夫だろうという根拠のない楽観論と、反対者がいる中であえて火中の栗を拾いたくないという自己保身は、足利市のためにはなりません。

 

いずれにしましても、中橋架け替え以外で、もし建設的な対案があるならば、速やかに提示すべきです。

 

●不都合な真実

 

あの日。

 

あれほどまでの津波がくることは、想定外でした。

 

あのような形で原子力発電所が爆発することも、想定外でした。

 

しかし、この中橋の問題は、想定外ではありません。

 

昨年の、鬼怒川が決壊したレベルの集中豪雨が渡良瀬川上流に降ったら、渡良瀬川流域で真っ先に決壊するのは、中橋のたもとです。桐生から渡良瀬遊水地までまで、2メートル以上切り下がった堤防は他にどこにもありません。

 

もし決壊すれば、一中地区、二中地区、三中地区は、たちまち湖のようになってしまいます。河南地区も大変です。

 

本来、ハザードマップ(2013年11月18日更新)は、ここまで反映すべきなのです。
http://www.city.ashikaga.tochigi.jp/site/hazardmap/hazardmap-zenzu.html

 

マスコミも、なぜこの不都合な真実を報道しないのでしょう?

 

あの教訓が活かされないのは本当に残念です。

 

仕方がありませんので、5年目を迎えたこの日に、あえて再び記します。

両崖山行

紅葉前線が足利にも降りてきているので、久しぶりに須永山、天狗山経由で両崖山へ。

まずは、菩提寺の三宝院から
2015112901

須永山付近からは、南は富士山、西は赤城山や浅間山をはっきり眺めることができます(写真にはうまく収まってない。。。)
2015112902

そして、込み入ったところを抜けて
2015112903

天狗山に
2015112904

天狗山から一中、織姫山方面の眺め
2015112905

さらには両崖山方面
2015112906

で、目的の両崖山へ
2015112908

両崖山頂のタブノキは、常緑広葉樹なのでこの季節でも青々と
2015112907

両崖山から本城1丁目方面
2015112909

この時期の足利の山並みは、一年で最も美しく彩られます。
ちょっと私のスマホでは伝わりにくいですが、是非旬のうちに紅葉狩りを!

私の下野新聞批評

ご承知の通り、下野新聞には、県内の識者が認めた「私の下野新聞批評」と題する寄稿文が定期的に掲載されています。

これはまさに下野新聞の自らへの批評を謙虚に受け止める姿勢と高い識見のなせる業であり、数ある地方紙でも最も質の高い新聞のひとつであると評価しています。

しかしながら、最近の下野新聞を拝読し、どうもこの記事はいかがなものかと感じるところがありましたので、また記事の中身が私の市長時代のことも関連しますので、このブログを使って勝手に「私の下野新聞批評」を認めたいと思います。

 

まずは、以下の下野新聞記事(2014.10.9)をご覧ください。

「市内企業の受注増へ 入札要件見直し 足利」

【足利】市は、市発注公共事業の入札要件などを見直し、市内企業への発注を増やす取り組みを進めている。本年度からは建設工事の入札で、参加資格を市内企業に限定している指名競争入札の対象事業を拡大。ごみ収集運搬では、来年度から委託先を市内企業とすることに決めた。公共工事の市内企業への発注増は、和泉聡市長の公約で、市内企業の活性化と雇用確保が狙いだ。

2013年4月の市長選で、和泉市長は「県外に行ってしまった市発注の仕事を取り戻し、可能な限り市内企業に発注する」と訴えていた。和泉市長からの諮問を受け、庁内の市建設工事請負人等選考委員会(委員長・池沢昭副市長)で、入札要件などの見直しを行った。

建設工事の指名競争入札はこれまで、施工が難しい大規模工事などを除き参加資格を市内企業に限定。対象となる工事は予定価格500万円未満だったが、本年度から2千万円未満までに引き上げ、市内企業の入札参加の機会を拡大した。

市総務部によると、和泉市長就任前の12年度(4~9月)は、市の建設工事や関連業務の契約132件のうち、市内企業への発注は103件で78%だったが、14年度(同)は123件中、112件の91%と増えた。

指名競争入札は一般競争入札に比べて競争性が損なわれ、価格が高止まりしやすいという懸念もあるが、同部は「十分な入札参加者の確保に配慮しながら、進めていく」と説明している。

 

要するにこの記事では、主に私の市長時代よりも、現在のほうが公共事業の市内企業の受注が増えたということを具体的な数字を挙げて伝えたいのだと思います。

 

しかし、なのです。

 

この”市内企業”という表記はいかがなものかと思います。

 

このような書き方では、私がいたずらに足利市に支店すらない市外企業に公共事業を発注していたかのように読めます。
役所用語でいうところの市内企業には、大きく分けてふたつあります。市内本社の企業と、それプラス市内に支店や営業所を設けている企業(役所的には準市内企業と称しています)とです。
従いまして、市内企業を後者と定義すれば、私の時も、現在も共に市内への発注は100%ということになるはずです(施工が困難な大規模工事などを除く)。

 

そもそも、市内に本社がある企業と、市内に支店や営業所を設けている企業の違いは何でしょうか。
(1)少なくとも市税収入面では、市内に本店があろうが支店だろうが関係はありません。それ以外の、例えば地域密着の各種活動などでは、市内本社企業のほうに一日の長があることは誰しも認めるところです。
(2)また、市内に支店や営業所を設けている市内企業には、多くの足利市民が勤めています。逆に、市内に本社があっても市外から通勤している方は大勢います。
(3)さらに長期的な視点で大局的に見れば、こうした企業が入ることによる切磋琢磨が市内経済の発展につながるのです。いたずらに排外主義をとれば、それは結局のところ自分の首を絞めることになることは世界中の歴史が証明しています。

 

以上の点から、私は市内本社企業にも配慮してその発注割合の拡大に尽力しましたし、市内に支店や営業所のある企業にも一定の配慮をして参りました。
【参考】
私の代(平成21年以降)で公共工事に関しては、市内本社限定の枠を増やしています。特に平成24年度は、全ての公共工事に関して1年を通じて市内本社限定にしています。
足利市公共工事発注基準

 

さて、本題に入りますが、今回の市発注公共事業の入札要件などの見直しに関する問題の本質は、市内企業重視という美辞麗句のもとに指名競争入札の対象枠を500万円から2000万円まで広げてしまっているということです。

 

私の市長就任以前より、指名競争入札では競争性が損なわわれ、結果として請負率が高くなってしまい税金の無駄使いにつながりかねないという懸念から、国の方針により段階的に一般競争入札に移行するすということが決まっていました。従いまして、その方針にもとづいて、私の時に指名競争入札の対象枠を1000万円から500万円未満の事業に縮減したのです。

 

それを今回ドカンと2000万円まで枠を広げるというのは、まさに時代に逆行しています。これでは不利益を被るのは市民ということになりかねません。

 

本来、クオリティペーパーである下野新聞にはそこを鋭く指摘してほしかったのですが、記事の最後に「価格が高止まりしやすいという懸念」とふれてはいますが、見出しの「市内企業受注増へ」がひときわ目を引き、肝心の指名競争入札の枠拡大という問題の本質が全然わかっていない(あるいは、わかろうとしない)印象はぬぐえません。

 

下野新聞におかれましては、指名競争入札の上限枠を4倍も拡大させてしまう自治体が他にあるのかどうか、また入札に関する時代の流れはどのような方向に向かっているのか、さらに今回の件の本当の背景は何なのかなどをよく掘り下げて調べた上で、適切に報道していただければありがたく存じます。

鑁阿寺本堂が国宝に

戦前は国宝であった鑁阿寺の本堂が戦後重要文化財に指定変えされて以来、同寺の住職はじめ関係者の皆様、そして足利市教育委員会の文化課をはじめ関係者の皆様のご尽力により、ついに念願の鑁阿寺本堂が国宝に指定されました。

朗報は市長退任後となりましたが、積年の取組みの経緯は存じ上げていましたので、私としては感無量です。
今後の観光客誘客の起爆剤としても期待します。

下野新聞記事 20130518

足利市長選挙2013公開討論会

4月3日に足利市長選挙2013公開討論会が、市民プラザ文化ホールで行われました。
改めて、和泉聡さん、企画運営頂いた青年会議所はじめ関係者の皆様、そしてお越し頂いた皆様に感謝申し上げます。

早速、足利TVにもアップされていますので、是非ご覧ください(_ _)
足利市長選挙2013公開討論会

後援会総連合会総決起大会2013

4月9日、おかげさまで後援会総連合会総決起大会を盛大に開催することができました。
準備に携わって下さった後援会関係者の皆様、そしてご多用の中お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

総決起大会 両毛新聞記事 20130410

毛野支部発足

2013年4月2日、おかげさまで毛の支部後援会が発足しました。
ご参加頂いた皆様、そして、ここに至るまで大変なご尽力を賜りました、初谷幸子会長をはじめ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

両毛新聞記事 20130412

支援議員連盟発足

この度、私を支援して下さる市議会議員の皆様が支援議員連盟を立ち上げて下さいました。
河内利雄議長
石川博康議員
常見登議員
小林克之議員
中島由美子議員
小林貴浩議員
小林雅明議員
金子裕美議員
杉田光議員
に心より御礼申し上げます。

両毛新聞記事 20130410

御厨支部発足

2013年3月27日、おかげさまで御厨支部後援会が発足しました。
ご参加頂いた皆様、そして、ここに至るまで大変なご尽力を賜りました、笠原宗二会長をはじめ関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

両毛新聞記事 20130408

自民ネクスト会長の会派離脱。

3月19日付けで、足利市議会最大会派自民ネクスト会長の石川博康元議長が同会派を離脱されました。
来月の市長選で、自民党推薦の元朝日新聞宇都宮支局長ではなく、私を応援するため筋を通されたとのこと。
その意志ある行動に、本当に感謝です。

両毛新聞記事 20130322

下野新聞記事 20130321

下野新聞記事 20130403